希望は残っていた!

海底王国の王女様の美的センス



ウルノーガに倒されたぽこすけでしたが、ムウレアの人たちに助けられ一時的にお魚になっていたようです。
それにしても王女様の美的センスはどうなのでしょうか。
しかも相手は16歳ですYO!
個人的にはあまり可愛いとは思えなかったのです。


 

王女様の話によると世界はボロボロになったものの、どうやら仲間は生きているようです。
これから集めなおすのでしょう。
正直、面倒だと思いました、ハイ。


   

海底王国にも魔王の手が届きましたが、王女様のおかげで逃がしてもらいました。
漁師に拾われて、浜辺にある小屋で一休みさせてもらいました。
朝になったはずなのに何故か暗いままなのでおかしいとは思いましたが、漁師さんの説明によると命の大樹が落ちた時にデルカダールの方から闇が広まり、太陽の光が届かなくなったらしいです。
これはデルカダールに何かがいるから倒しに行け、ということなのでしょう。


さまざまな変化

漁師の勧めで最後の砦を目指すことになりました。
途中でキャンプを発見したのでルーラで確認してみると、なんと!



ルーラの行き先がほとんど無くなってました!

というか、今登録したこのキャンプのみとは……。
いちいち歩いて行かないとだめなのですね。




でも、悪いことばかりではありませんでした。
遂にスキルリセット(有料)がキタ――(゚∀゚)――!!
1ポイント=20ゴールドの手数料がかかりますが、魔法のカギで手に入れたはやぶさの剣を持て余していたので助かりました。
また、片手剣のスキルにあるギガスラッシュは全体攻撃が行える便利な技なのです。




あと、魔物の様子に変化がありました。
目の色が不気味ですね。
それにしてもドラキー・強って、もう少し名前はなんとかならなかったのでしょうか。


最後の砦にて



最後の砦ってイシの村だったのですね。
それにしてもエマちゃんたち生きていたんだ!
これは本当に良かった。




デルカダール王も生きていました。
ウルノーガに乗っ取られていた時の記憶は無かったようです。




英雄が帰還したということで皆で迎えに行くと、グレイグさんでした。
君も生きていたのか。


 

その後、砦前で魔物軍との戦闘です。
Lv35で楽勝でした。
グレイグさんも戦闘に参加してサポートしてくれます。
におうだちでかばってくれたり、回復してくれたりと、良い動きしてましたねー。


パープルオーブ入手



ホメロスさんと再会です。
顔色悪くなりましたね。
戦うのかと思いましたがそれは無かったです。
(まあ今戦っても全く勝てる気がしないのである意味助かりました)




その代わり別の中ボスが登場です。
Lv36で挑みましたが2度倒されました。
分身を出してくるのと、その分身がよりにもよってバイキルトかけてきたのが超ウザかったです。




パープルオーブを入手しました。
ってか、また集め直しなのかよー。


グレイグさんが仲間に



ここにきてまさかのグレイグさんが仲間になりました。
FF11でいうところのナイト的なポジションみたいです。
ボス戦などで期待できそうですよ。
(防具装備不可しばりなのでどうなるのかわかりませんけど)


新たな目的地



次の目的地は勇者に所縁のあるドゥーランダ山ということです。
そこには仲間がいるのでしょうか。
スポンサーサイト

魔王の勝利か

エロジジイ

魔女を倒し6つ目のオーブも手に入れたので、次の目的地に向け出発です!
気合も入りますね。




この期に及んで、あんたも好きね(ハート)


聖地ラムダ

聖地ラムダのその先、始祖の森にある祭壇を目指します。




ここはセーニャさんとベロニカちゃんの故郷で、最初の勇者ローシュたちと所縁のある土地らしいです。
なかなか綺麗なところでした。
 

命の大樹へ

道のりは長かったです。
クレイモラン城下町から出発し、シケスビア雪原、ゼーランダ山、聖地ラムダ、始祖の森、天空の祭壇を経由します。
Lv35でしたが始祖の森にいるドラゴン以外はそれほど苦戦はせず来ることができました。


  

祭壇にオーブを捧げると虹色の道が命の大樹に向けて伸びていきました。
いよいよですっ!


勇者の剣ゲット? だがしかし



命の大樹の中には勇者の剣がありました。
最終決戦に向け頼もしい武器が手に入りますね。
とはいえ、スキルポイントは全部両手剣に振ってしまったのですが……。


ウルノーガさん初登場

  

最強の剣を手に入れて魔王を倒そう! というところなのですがそうは問屋が卸しません。
あと少しというところで邪魔者が、久々に登場のホメロスさんです。
魔女が言っていたイケメンというのは彼だったのですね。
グレイグさんに負けず劣らずしつこい人です。
ここで戦闘がありますが100%負けるみたいです。
デルカダール王とグレイグさんが登場し、ホメロスさんは倒されると思ったのですが、なんと!


  

デルカダール王がまさかの不意打ち攻撃!!


   

ウルノーガに操られていたデルカダール王の手にかかりグレイグさんも倒されてしまいました。
そして、ぽこすけは勇者の力と勇者の剣を奪われてしまい、しかも命の大樹はその膨大な力まで吸い取られて地に落ちてしまいました。

ここにきてこれほどのどんでん返しが来るとは思わなかったですなー。


魔王の勝利

  

海(もしくは湖)に落ちていくぽこすけ。
魔王は世界を手中に収めたと宣言します。
まあ、ぽこすけはさすがに死ぬことはないのでしょうが、勇者の力、勇者の剣を奪われてしまってこれからどうなるんでしょうね。
仲間の安否も気になります。


オマケ



誰?

氷漬けの町

クレイモラン城下町



プチャラオ村で壁画の呪いを開放しメダチャット地方ではすることがなくなったので、陸地沿いに北上しクレイモラン地方へ上陸しました。


氷漬けの町

  

魔女の呪いによって氷漬けにされてしまったようです。
なぜかただ一人無事だった女王様の話によると、魔女はミルレアンの森に魔物と一緒にいるということです。


魔物退治



ミルレアンの森の最奥で仲間とはぐれてしまい、主人公一人で戦うことになります。
グレイグさんもいましたが当然参戦してくれません。
Lv32のバッチリがんばれにお任せで余裕でした。




魔物を倒した後にグレイグさんに襲われますが、そこに魔女が登場し主人公とグレイグさんを氷漬けにしようとします。
危ないところで仲間が到着し魔女を撃退してくれました。




グレイグさんは他にやることがあると言い残しどこかに行ってしまいました。
とりあえず捕まらなくてよかったです。

その後、主人公は倒れてしまいます。


古代図書館へ

目が覚めるとシケスビア雪原の小屋にいました。
仲間(特にベロニカちゃん!)が看病してくれたようです。




魔女に詳しい魔法学者のエッケハルトさんと出会いました。
魔女を倒す手掛かりを求めて古代図書館に向かいます。

図書館の中は雑然としていました。
古い建物で長らく放置されていたようで、中にはモンスターがたくさんいます。
また建物自体に面倒な仕掛けがあり、探索は少し時間がかかりました。


 

図書館で手掛かりとなる本を見つけたのですが、それによると先ほど倒した魔物は魔女を封印するために必要な聖獣だったそうな!

どういうことなのか女王様に詳しい話を聞きに戻ることになりました。
なんとなく嫌な予感がしますよ。


女王の正体

 

予想通りというかベタな展開ですね。
Lv33で勝てました。

学者さんのおかげでなんとか魔女を本の中に封印することができてめでたしめでたしだと思ったのですが……。




実は封印に失敗して、またしても魔女が女王に化けていたようです。
ただ、魔女は完全に魔力を失ってしまい抵抗する気は無いようでした。
これからは女王様の相談役としてクレイモランに残るそうです。
女王様も甘いですなぁ。




ようやくブルーオーブをいただきました。


まとめ



いよいよオーブが6つ揃いました。
次は命の大樹へ向かいます!

MonsterX U3.0Rとドラゴンクエスト11

MonsterX U3.0Rを買いました!

MonsterX U3.0R

シェア機能で録画できるのはなかなか良いのですが、ながらプレイがしにくいのですよ。
1周目は極力攻略サイトは見ないようにしていますが、2周目以降はかなり見まくります。
あとシェアプレイの場合は一旦USBメモリに動画を移して、さらにPCに移さなければなりません。
これが意外と時間がかかるのです。
そんなわけでシェア機能では少し厳しいので、キャプチャーボードを買うことにしました。

ちなみに現在私が持っているゲーム機は、

PS4
PS Vita TV
Nintendo Switch

です。

以前にもキャプチャーボードを買ったことはあるのですが、メモリ4G問題があったり、PCI接続の相性が悪かったりで散々でした。
今回はUSB接続のものを選択しました。

少しお値段は高かったですが、きちんと映っているので良しとします!
画面の明るさなどを変えられるのも何気に気に入ってます。

ちなみにPS Vita TVの場合は分配器などが必要です。
もちろんそれも買いました。


プチャラオ村



村に入ると明るい感じのBGMに変わりました。
この村は遺跡にある幸運の壁画が話題になって、世界各地から観光客が訪れるそうです。


迷子と遺跡と壁画



遺跡を見に行く途中で迷子のメルちゃんを発見、手分けしてご両親を探すことになりました。
いろいろ聞き込みしたり探したりしましたがそれらしい人物はみつかりません。
それどころか他の観光客の人たちも行方不明になっているらしいです。


  

村を探索し遺跡の近くでメルちゃんを見つけたのですが、壁画のあたりで見失ってしまいました。
そのときふと壁画を見ていると……。


壁画世界



絵の中に引き込まれてしまいました!
Oblivionでも似たようなお話がありましたねー。
あの場合は能動的に絵の中に入りましたけど、今回は意図せず引き込まれてしまいました。
とりあえずは出口とメルちゃんを探すことにします。




はぐれメタルうまぁぁぁぁぁ!




壁画世界を探索している途中で壁画と同じ絵を見つけたのですが、突然絵の目が動いて話しだしました!

途中で誰かのメッセージを発見したのですがそれによると、

人の欲につけこみ御利益にあやかろうとするものを吸収する
欲のないものには少女の姿で現れ善意につけこみ壁画に引き込む

ということが書いてありました。
メルちゃんはもしかして……。




その先に空間の裂け目のようなものを発見し、そこから脱出することができました。


メルちゃんの正体



まさにメッセージ通りのことをやっていたわけです。


 

やはりその流れですかぁ。
もう一度壁画世界に向かうことになりました。


メルトア戦



Lv31で挑みました。
魅了がウザいのと、こうねつのレーザーが痛い以外は大したことはなかったです。
ベロニカちゃんが一度戦闘不能になりましたけど。




まほうのカギを手に入れました。
赤い扉を開けられるようになります。


その後のプチャラオ村



壁画は幸運をもたらすどころか、人々を吸収する呪いの絵だということがわかりました。
今度はそれを売りにするそうです。
商魂逞しいですなぁ。


パープルオーブを入手



ロウさんの言葉を手掛かりにバンデルフォン王国跡にある魔法の扉を開けると、宝箱がいくつかありました。
その中からパープルオーブを発見しました!
残るオーブは1つです。


まほうのカギ



各地にまほうのカギで開けられる扉があります。
(画像の黄色矢印のところ)
中にはたいてい宝箱があり、ちいさなメダルだったり、ゴールドだったり、装備品などのお得なアイテムが入っています。


まとめ

オーブ集めもようやくあと1つまできました。
ドラクエシリーズでのラスボス戦はLv40前後が適正だと聞いたことがありますから、ぽこすけのレベルは少し低めな感じがします。
必要に応じて上げていけば良いのでしょう。

ウィンドウズのアップデートとPS4リモートプレイとドラゴンクエスト11

リモートプレイができないっ!

PS4は主にリモートプレイで遊んでいるのですが、先日のウィンドウズ・アップデート後からPCの挙動がおかしくなり、リモートプレイができなくなってしまいました。

どうもバージョン1709のアップデートが原因ぽい(回復ドライブを使って前のバージョンに戻すと大丈夫なのです)ですが、こればかりはどうしようもないのでリモートプレイをあきらめることにしました。
PS4はシェア機能で本体のHDDに録画できるのがせめてもの救いでしたねー。
(それでもいろいろと面倒なことはあるのです)


メダチャット地方

白の入り江から陸地沿いに北上するとメダチャット地方に上陸できます。
上陸後は北上してメダル女学園に行くか、南下してプチャラオ村に行くかの2択になります。
どちらを先に選んでも問題ありませんが、とりあえず近い方のメダル女学園に行きました。


メダル女学園



ここではちいさなメダルをさまざまな物と交換してもらえます。
いろいろ聞き込みをした結果、次のオーブは怪鳥の幽谷にあると分かりました。


恋する乙女



メダ女の制服というアイテムドロップ率の上がる防具がもらえるクエストもあります。


シルバーオーブ入手



ダンジョンの最奥でモンスターと戦いますが、Lv26でしばり有りでもそれほど強くはありませんでした。
BGMも通常の戦闘曲でしたねー。




シルバーオーブを入手しました。
今回は簡単でしたねー。


一途な娘

 


まとめ

今回のオーブは割とすんなり手に入りましたねー。
メダル女学園はこの先もいろいろお世話になりそうです。

リモートプレイができなくなったのは地味にきついですが、シェア機能で録画できるのが救いでした。

人間と人魚

ソルティコの町で水門を開けてもらわないと外界に出られません。
幸いロウさんがこの町の偉い人と知り合いらしいので頼んでもらうことになりました。
特にクエストのようなものは無く、お話をするだけでOKでした。




人魚

早速外海に出たと思ったらいきなり船が難破してしまいました。
白の入り江という場所でルーラで飛んでくることもできます。

 


島を探索していたらロミアさんという名の人魚がいました!
キナイという人間を待っているそうですが、なかなか来ないので迎えに行ってほしい、と頼まれました。
なんだか嫌な予感がするぜぇ……。
というか、人魚と人間が結婚できるのでしょうか。
キナイという人はナギムナー村にいるそうです。

  


ナギムナー村

ナギムナー村には白の入り江から陸沿いに反時計回りに進めば到着できます。

ナギムナー村に到着しましたが村の男たちは、海を荒らしまわっている化け物イカ退治に向かったそうです。
キナイもその中にいるとか。
化け物イカを退治しろということですね、ワカリマス。
村のおばあさんから、化け物イカを弱らせることができる大砲をいただきました!

  

 


化け物イカ

Lv24で戦いましたが、1度全滅しました。
イカ本体以外にひだりあしとみぎあしが出てきます。
あしは一度倒しても復活することがあり、なかなか厄介でした。
大砲を装備していない場合はもう少しレベルを上げないと苦しいと思いますねー。

 


キナイさん

キナイさんとお話をしてみましたが、ロミアさんが待っていたのは彼のおじいさんだったそうです。
すでにおじいさんは他界したそうです……。
おじいさんが大事にしていたベールをロミアさんに届けるよう頼まれました。

 


ここでロミアさんにベールを渡しに行くわけですが、キナイさんが死んだことを伝えるのか、それとも嘘をいうのかでイベントが分かれるようです。


キナイさんの死を伝えた場合

このルートは切なすぎます。

  




キナイさんは迎えに来てくれると伝えた場合

こちらも切なかったですねー。
ベロニカちゃんの表情がまたなんとも……。

 




海底王国ムウレア

ロミアさんにいただいたマーメイドハープを使って海底王国ムウレアに行ってきました。
ムウレアの女王さまは何もかも知っていたようです。
ロミアさん以外にも似たようなことがあったというのが驚きでした。




グリーンオーブをいただきました。




まとめ

今回はかなり重いお話でしたねー。
何度も泣いてしまいました。

残るオーブは3つです。

ロウさんとマルティナさんの正体

ロウさんに虹色の枝をもらうためにユグノア城跡に向かいました。


ユグノア城跡にて

ぽこすけの故郷ユグノア城に到着しましたが、酷い有様でしたねー。

 


奥に進むとロウさんが待っていました。
さあ、今度こそ枝を返してもらおうか……。




ロウさんから16年前の事件のあらましやぽこすけの両親のことについていろいろと聞きました。
そしてロウさんの正体も……。

  

ロウさんはぽこすけのおじいちゃんだったのです!


鎮魂の儀式

モンスターに倒された人々の魂を鎮めるための儀式を行いました。
これで鎮まってくれるといいですね。




とてもとてもしつこい人

その後マルティナさんに当時のことを聞いていたのですが、追手らしき人達がいるのを発見しました。
どこまでもしつこい人たちです。

 


またお前か。



いい歳して、しつこい男は嫌われると分からないのか……。
追い詰められますが、マルティナさんに救われました。


マルティナさんの正体

なんとマルティナさんはデルカダールの姫さまらしいです!

  


デルカダール王は、ユグノアでの騒乱の時にユグノアの者に姫が殺された、勇者の子孫であるぽこすけが生まれたからだ! と触れ回っていたはずなのですが。
実際にはユグノア王妃が囮になり、マルティナ姫とぽこすけは難を逃れたようです。


倒すべき相手

デルカダール王の影に何者かが暗躍しているとロウさんは考えているようでした。
その者の名は、



ウルノーガ!


新たな仲間

ロウさんとマルティナさんが仲間になりました。



ロウさんは回復、支援、攻撃の魔法を使う魔法使いタイプ。
マルティナさんはヤリ、かくとう、おいろけの攻撃を行う前衛タイプです。

これで7人そろいました!


レッドオーブとイエローオーブを入手

ロウさんから頂いた虹色の枝のおかげで、どこかにある祭壇に6つのオーブをささげれば命の大樹へ行けることが分かりました。
当面の目標はオーブ集めですね。
レッドオーブ(デルカダール神殿で奪還)をカミュくんから、イエローオーブ(仮面武闘会の賞品)をロウさんから頂きました。
残りはあと4つです!

  


まとめ

ロウさんとマルティナさんが加わりようやく7人そろいました。

命の大樹への行き方、倒すべき相手も分かり、物語も中盤から終盤へといった感じでしょうか。

とりあえずは世界各地をまわってみるつもりですが、そのためにはソルティコという町にある水門を通って外界の海に出なければなりません。
そんなわけで、次はソルティコの町に向かいます。

仮面武闘会 ~グロッタの町~

海を渡って新たな町、グロッタに到着しました。




グロッタの町では仮面武闘会が開催されるようです。



はち切れんばかりである……。


 

大会の優勝賞品が虹色の枝ということは、出場しろということなのでしょうね。


仮面武闘会のルール

・2人1組でのタッグマッチ
・タッグの組み合わせはなんと抽選


仮面武闘会

 

抽選の結果、パートナーは前回のチャンピオンでした!
これなら勝てる! (というか勝たなければしょうがないのですが)
ぽこすけのレベルは20、両手剣で挑みました。


予選第1回戦

ガレムソンとベロリンマンです。
名前がすごいですね。
彼らは超絶必殺技「ダブルヒッププレス」を使ってきます。




予選だけあって苦戦せず勝てましたね。
ダブルヒッププレスが壮大すぎてワロタ




もっこりもバッチリきまってます!




カミュくんは予選敗退

カミュくんはあっさり負けていました。
ベロニカちゃんに怒られていてちょっとかわいそうでしたね。




それにしても謎の女性闘士は強そうでしたねー。
足技がなかなかでした。
スタイルも抜群!




シルビアさんは姿が見えませんがどこかに行ってしまったようです。


決勝トーナメント1回戦

ビビアンさんとサイデリアさんのチームです。
グロッタが誇る お色気美人コンビ! という触れ込みでした。
ビビアンさんは後方支援タイプ、サイデリアさんは前線タイプのバランスが取れたチームでした。
お色気攻撃がなかなかうざかったです。




ぽこすけ選手は集中力が無さすぎです。
突然恥ずかしがるは、お色気に惑わされるはでまともに戦えていませんでした。
年頃の男の子だからしょうがないのでしょうか。

 


決勝トーナメント準決勝

レディ・マッシブさんとマスク・ザ・ハンサムさんのチームです。
レディ・マッシブさんはどうみてもシルビアさんです……。




2人とも前線タイプですが、どうみてもシルビアさんレディ・マッシブさんは回復補助もできるのが多少厄介でした。
ここでもぽこすけのはずかしい呪いが仇となりました。

2度ほど戦闘不能になりましたが、パートナーが引き分けに持ち込んだという設定で再試合になりました。


決勝戦

謎の多いコンビです。
ほとんど動かない老人ロウさんと、華麗な足技とナイスバディのマルティナさんのチームです。




ロウさんは後方支援タイプ、マルティナさんは前線タイプのバランスの良いチームですね。
ロウさんのベホイミが厄介なので、ロウさんから集中攻撃しました。


表彰式

優勝の表彰式の途中でパートナーのハンフリーさんが突然倒れました。
表彰式は急遽延期になったのですが……。


マルティナさん行方不明

マルティナさんが行方不明になったので探すのを手伝うことになりました。
ここからはロウさんが同行します。

手掛かりはハンフリーさんの孤児院ということで早速向かいましたが、ハンフリーさんも行方がわからないということで孤児院を捜索していると、地下への通路を発見しました。


グロッタ地下遺構

地下はモンスターだらけでした。



メタルスライムもいましたねー。
予想通り逃げまくられました。


アラクラトロ戦

誘拐犯はハンフリーさんとアラクラトロというモンスターでした。
孤児院を経営するハンフリーさんの良心につけこんだ卑劣なモンスターです!
レベル23で少し時間はかかりましたが、ロウさんもいたので余裕で勝てました。




ハンフリーさんはロウさんの助けもあって改心してくれたようです。


表彰式のやり直しと虹色の枝

ハンフリーさんも戻ってきたので表彰式のやり直しをするはずだったのですが、ハンフリーさんのまさかの提案で1対1のエキシビジョンマッチをすることに。



ぶっちゃけ、魔物のチカラを借りていないハンフリーさんは弱かったです。

いよいよ虹色の枝が手に入ります!
と思ったら、



あのクソジジイめっ

またしても虹色の枝は手に入りませんでした。


まとめ

仮面武闘会はなかなか楽しめました。
はずかしい呪いはウザさMaxです!
それにしても虹色の枝がようやく手に入ると思ったら、かっさらっていくとかどんだけーなおじいさんですね。

次はユグノア地方です。

デルカダールからの新たな追手

虹色の枝を買った商人を追ってダーハルーネの町までやってきました。

 


海の男コンテスト

ダーハルーネの町では「海の男コンテスト」という乙女心をくすぐるイベントが開催中で、しばらくは船が出せないということでした。

 


呪われた少年

その後、喉に呪いをかけられた少年を発見。
セーニャさん曰く「さえずりのみつ」であれば呪いは解けるそうです。




さえずりのみつを入手

例によって目的のアイテムの前には中ボス戦です。
Lv18で余裕でした。

  


カミュくん捕まる

コンテストの場所取りに向かったぽこすけたちですが、デルカダールからの新たな追手「ホメロス」さんに見つかってしまいました。
一度は囲まれましたが女性陣の助けを借りつつ突破しようとしたものの、カミュくんが捕まってしまいました。

   


奪還そして新たな土地へ

捕まったカミュくんを取り戻すためホメロスさんとの戦闘です。
Lv19でしたがそこそこ強かった印象です。
最後はシルビアさんの船に乗って逃げました。

   


まとめ

船に乗れるようになって一気に世界が広がりました。
あんな大きな船を持っているシルビアさんはいったい何者なのでしょうか。

サイテー王子(ベロニカ談)

命の大樹の手掛かりを求めてサマディー王国を目指していたぽこすけ一行はようやく目的地に着いたのでした。
さっそく王様と会い虹色の枝を譲っていただくようお話に向かいましたが、今はファーリス杯(王子の名を冠したウマレース)の準備に忙しくそれどころではないとのこと。
そんなとき、王子に頼まれてほしいことがあるのでサーカスで話し合おうと提案があったのですが……。


一生のお願い

どんな頼みごとなのか聞きに行ってみると、

今度開催されるファーリス杯に王子も出場することになっているが、実は王子は馬に乗って走ったことがないので、代わりに出場してほしい

ということでした。

ベロニカちゃんが「ズルはいけない」と諭そうとするのですが……。

  

そんなこんなで出場することになりました。


ウマレース

ぶっちゃけ私もウマレースは初体験なのですが、やらなきゃしょうがないですね。

  

見事1着でゴール!!
旅芸人の方からも祝福を受けました。


一生のお願い再び

無事レースも終わり虹の枝を頂けると思ったのですが、北の砂漠にモンスターが現れたとの知らせが。
王様は王子に討伐を命じるのですが、何だか嫌な予感がするぜぇ……。



…………。



やはりそうきましたか……。


魔物討伐

今度こそ虹色の枝を頂けると信じて討伐に向かうことになりました。
すると、旅芸人の方が加勢してくれることになりました。
旅芸人の方が戦えるのでしょうか。

 


出没地点に到着すると魔物がいました!




平均レベル13で死闘5分の末なんとか倒せました。




旅芸人の方は片手剣で攻撃したり、回復補助をしてくれたりで、そこそこ役に立ってくれましたよ。


ベロニカちゃん

レベルが上がったときのポーズも可愛いですね。
舌をチョロっとだしたりなんかして、萌え萌え(死語)ですよっ!




虹色の枝ください

レースには勝ったし、魔物も無事討伐したし、今度こそ虹色の枝を頂けるでしょうと思ったのもつかの間。
その大事な枝を国王がウマレースの開催費用にあてるためにうってしまったのだとか!
親子そろっていい加減にしなさいっいい加減にしなさいっ!!

枝を買った商人は西にあるダーハルーネという街に向かったそうです。




シルビアおネエさま

ダーハルーネへ向け出発しようとすると、


  

新たにシルビアさんが仲間になりました。

FF11のマヤコフさんといい、シルビアさんといい、スクエニはこっち系の人が好きなのでしょうかねー。


まとめ

シルビアさんは、片手剣や短剣、ムチなど多彩な武器を扱えるうえ、きょくげいスキルやおとめスキルも使える万能キャラみたいです。
おとめスキルというのが気になるところです。

双子の姉妹?

ホムラの里

新しい街の名前は「ホムラの里」
鍛冶と温泉の街みたいで、カミュくんはさっそく温泉に向かったようです。
さすがに未知の土地に来たわけなのですぐには追手はこないでしょう。

そこで妹を探しているというベロニカちゃんと知り合いになり、妹探しに強引に付き合わされることになりました。
妹さんは里の西にある「荒野の地下迷宮」に捕らえられているそうです。

 


荒野の地下迷宮

ホムラの里のクエスト報酬で頂いたレシピ本で新たな両手剣を新調し、迷宮へ向かいます。
迷宮の中は落とし穴があったり、回復の泉があったりします。

そして回復の泉の前で妹さんを発見しました!
どうみても妹さんの方が年上に見えるのですが……。




詳しく話を聞くと、ベロニカちゃんと妹のセーニャさんはもともと双子で、ベロニカちゃんはホムラの里で温泉に入っているときにモンスターにさらわれてこの迷宮にとらわれてしまい、魔力を吸い取られていたそうです。
魔力を吸い取られるのを我慢していたら、年齢が吸い取られこの姿になってしまったそうな。

さらってきたモンスターを倒せば元に戻ると本人は言っていますが、どうなんでしょうね。

奥に進むと怪しい扉を発見。
こっそりのぞいてみていると、



モンスターも一緒に驚くのですね。

遂にモンスターの親玉を見つけました。
サクッと倒して、ベロニカちゃんを元の姿に戻しましょうか。
「果報はブチギレて待て」というのはなかなか良い言葉をモンスターも使っているのですねー。




魔力は戻ったそうですが、姿はそのままみたいです。
この方が可愛いですし本人は気にしていないようなので良いですけど。




新たな仲間

回復役のセーニャさん、自称「最強の魔法使い」ベロニカちゃんが仲間に加わりました!
これは心強いですよ。




新たな土地へ

次は命の大樹の手掛かりを求めてサマディー地方へ向かうことになりました。
ベロニカちゃんから呪文「ルーラ」を教えてもらいました。
一度訪れた場所にはルーラで一っ飛びできるので超便利ですねー。
(PS4版ではキャンプもルーラのリストにのりますが、3DS版ではキャンプはルーラのリストにのらないようです)

 


まとめ

セーニャさんとベロニカちゃんの加入はかなり助かりますね。

続く逃亡生活

カミュくんと一緒に旅をすることになったぽこすけ。
デルカダールでは散々な目に遭いましたねー。

とりあえずの目的は、

ぽこすけ
見つかる危険は大きいがデルカダールの兵隊が向かったイシの村の安否を確認する。

カミュくん
行方不明になったレッドオーブの奪取。


レッドオーブのありか

せっかくお城から抜け出せたのに危険を冒して戻る羽目になったり、橋が壊れていて魔物と戦う羽目になったりと散々でした。
レッドオーブはイシの村の東にあるデルカダール神殿に保存されているそうです。


いたずらデビル

 

いたずらデビルによってイシの村に通じる橋が壊されていましたようです。
おまけに橋を治せる木こりさんが犬にされる始末。
橋を治してもらうために戦いましたが2人で戦えば楽勝でしたよ。


キャンプ発見



各地に点在する休息所です。
PS4ではルーラで飛んでくることもできます。
しばりプレイ中には無くてはならないふしぎな鍛冶ができます。


ふしぎな鍛冶

 

買い物ができないしばりプレイ中には避けては通れません。
レシピ本が必要になりますが、強力な武器や防具、アクセサリが作れます。


冒険ガイド



迷ったときにはマップを開けばこれからどうすれば良いのか教えてくれます。


イシの村に到着

  

イシの村に到着しましたが、どうも様子が変です。
幼なじみのエマが小さい子供になっていたり、母親には他人扱いされたり、亡くなったはずのおじいさんがいたり、どうやら過去に戻っているようですが、子供ぽこすけもきちんといるんですよ。
幻覚のようなものから覚めると無残な村の姿が……。


勇者の出自

おじいさんの言葉に従ってイシの滝にある三角岩を調べると、「ユグノア王妃の手紙」「テオの手紙」「まほうの石」が隠してありました。
オープニングを見ていればおよそ想像はつくのでしょうが、ぽこすけはユグノア王家の王子だったそうです!
そのあたりも後々詳しく語られるのでしょう。


レッドオーブ奪取



デルカダール神殿に到着しレッドオーブを探し当てましたが、なぜかモンスターもレッドオーブを狙っていたようです。
イビルビースト2体が相手でしたが、1体ずつ集中して戦えばそれほど強い相手ではなかったですね。


見知らぬ土地

  

 

オーブを取り戻してほっとしたのも束の間。
追手はまだ諦めていないようでした。
なんとか追撃をかわして旅立ちのほこらに飛び込んだ2人は見知らぬ土地に到着したのです。
幸いすぐ近くに街があるようなので立ち寄ってみます。


まとめ

防具を装備できないのはなかなかつらいですね。
レベルを上げれば問題なさそうなので、じっくりプレイしていこうと思います。

勇者ぽこすけ誕生も早速お尋ね者になる

待望のドラゴンクエスト11を買いました。
公式しばりというのがあるので、全て適用し進めていきます。




神の岩

オープニングのムービーが終わると早速ストーリー開始です。
主人公ぽこすけ(以下「ぽこすけ」)の住む村には16歳になると神の岩に登るという成人の儀式があるそうで、16歳の誕生日を迎えたぽこすけは同じ日に生まれた幼馴染のエマちゃんと登頂を目指すことになりました。
道中でモンスターに遭遇したものの無事登頂成功。
チュートリアル的な感じでしたね。
HPがやばくなってもエマちゃんが回復してくれるので大丈夫でした。

  


しばりプレイの「はずかしい呪い」が発動です!
1ターンが無駄になりますよ。

 


儀式を終え家に帰ると母親から衝撃の事実が!
実際にいきなりそんなこと言われても困るのでしょうが、まあそういうゲームですからね。
とりあえずはデルカダールのお城を目指すことになりました。

  


戦闘

ドラクエではおなじみのターン制コマンドバトルです。
じっくり考えて戦うことができるのが良いですね。
作戦替えでは主人公の行動もおまかせにすることができます。
雑魚連戦のときにはなかなか便利です。




ゾーン状態

戦闘中にキャラクターが青いオーラをまとうとゾーン状態になります。
キャラにより違いますが様々な能力がアップし、複数のキャラがゾーン状態になると連携技も出せるようになります。
今はソロなので当然連携はできません。
パワーアップしているので、連携せずに戦うのも一つの手ですね。




スキル

レベルが上がるとスキルポイントがもらえるようになります。
ポイントを消費してスキルを覚えると、特技や専用呪文が使えるようになったり、能力を上げたりできます。
とりあえずぽこすけはまず両手剣を上げていく予定です。




デルカダールに到着

デルカダールに到着しましたが、王様の無茶理論のせいで投獄される羽目に。

   




謎のイケメン青年と脱獄

地下牢で出会った謎のイケメン青年(以下「青年」)は預言者から「勇者を助けろ」と言われていたようです。
話が早いですねー。
一緒に脱獄することになりました。

  


すぐ兵士に見つかっちゃいますが……。

 


勇者の奇跡

追い詰められた二人でしたが青年の無茶振りで崖から飛び降りる羽目に。
捕まるよりはまし、らしいですけど、この高さではさすがに……。

  


傷一つ無かったそうです!
勇者すげー!!




仲間

青年の名前は「カミュ」。
予言に従い共に旅をしてくれるようです。




まとめ

まずグラフィックの綺麗さに驚かされました。
リアル路線ではなくアニメ調なのも良いですね。

戦闘はコマンドバトルなのでじっくり考えながら戦えるのも個人的には嬉しいです。

ストーリーは最初からまさかの展開が続いて引き込まれていきます。
少しご都合主義的な感じはしますけど、そこがドラクエといった感じなのでしょう。
世界を救うはずの勇者が何故悪者扱いなのか、これからも楽しみなところです。

世界の真の姿とは

世界の果ての滝が世界の真実だと思っていたのですが……。


島ガメと山

島ガメの様子がおかしいとうわさがたったので調べてみることにしました。
ご先祖様のお墓参りに行くので仲間を探してほしいということです。

  


ジデールの振り子で探索中に偶然氷の塊を発見、探していた島ガメの仲間らしいです。
灼熱の海というのがよくわかりません。

   


灼熱の海というのがどこの海域か分からないのでしらみつぶしに探すことにしました。
かなり苦労しましたねー。
シーサーペントのお話によるとシュミセンという場所がお墓参りの場所らしいですが、どこにあるかわからないうえジデールの振り子も効かないとか……。
またしてもしらみつぶしに探すしかなさそうですね。
名前の雰囲気からすると中国かインドあたりでしょうか。

   

  


やはり!
中国とインドのあたりにありました。
試練の内容は干支に関係している感じですが、実際はどうなのでしょうか。
干支さえわかればそれほど苦労しませんでした。

  

  

  


シュミセンを発見したので早速バルボサ提督を派遣します。
お宝に興味がなくなったそうですが本当でしょうか。
すぐに元通りになるのでしょう。

 


そして遂に世界の本当の姿が……。

  


世界はヘビ、カメ、ゾウに支えられていました!




世界地図完成!

遂に確定率が100%に到達し、世界地図が完成しました。

   


まとめ

長かった世界地図作製もようやく終わりました。
なんだかよくわからない生き物や物語などたくさんありましたねー。

この世界の果てが滝になっているのか、そもそも果てなどないのか、予想とは違っていましたがこの問いにようやく答えが出ました。

ちなみに別の世界観では巨人が球体世界を支えていました。





まだ他にもやりかけのエピソードがありますがそれはまた別の機会に……。

観察力は偉大なり

今回はイベントをなるべく無視して確定率を上げることに集中しました。


観察力

探検航海で主力になっているゴメス提督の観察力は現在8.0+6.0でトータル14.0です。
8.0というのが提督自身の能力で6.0はアイテムの効果です。
アイテムが無い状態ではおそらく10が最高だと思われるので、かなり頑張っている方だと思います。
観察力はペレス提督が一番高いのでしょうが、彼は他の能力がからきしなのです。

左が観察力2(バルディ提督)で、右が観察力11(ゴメス提督)の比較画像です。

 


観察力が大きければ大きいほど雲の晴れ方も大きくなるわけです。
確定率を上げていくうえでかなり重要な要素になっています。


のんきなバルボサ提督

アラビア大商人よりバルボサ提督を寄こしてほしいと連絡がありました。
とても嫌がるバルボサ提督ですが、そりゃあ怒るでしょうよ……。

 


アリババの宝を手に入れてこい、と頼まれたそうです。
アリババ洞窟は簡単に見つかりました。
バルボサ提督を派遣します。
無事お宝は見つかったのですけど……。

  


ここで予想もしなかったことが!
なんと、バルボサ提督がお宝をもって逃げてしまいました!!

  


すぐに見つけることができたのが幸いです。
絶対に冗談ではなかったでしょう。

  


アラビア大商人にお宝を渡してクエスト終了です。

 


ソロモンの秘宝

レンヌの城を発見するとバルボサ提督のお宝レーダーが発動したようです。
早速調査に向かわせると、ソロモンの秘宝のありかを記した石板を頂いてきました。

  


わりと分かりやすかったですね。
すぐに指輪は見つかりました。

   


動物がらみのイベントで重宝しそうです。


賢者の石

錬金術工房から依頼が来ました。
エメラルド板を輸送中の船団が海賊に襲われて行方不明になってしまったそうです。

うわさを頼りに沈没船をいくつか見つけましたが、なかなかお目当てのものが見つかりません。
ここでとんでもない事実が!
なんと輸送していたのはアルメイダ家の船だったのです。
お父様の手がかりが見つかるかもしれませんね。

  


お父様が乗っていた船がなかなか見つかりません。
もっと西と言われても、このままだと北米大陸にぶつかってしまうのですが。

   


ダウジングしながら西を探索しましたが、結局見つからないまま北米大陸にきてしまいました。
もしかして北米大陸を超えていったのかと思って、太平洋岸をダウジングしてみると……。




まさかここまで来ているとは思いませんでした。




お父様が乗っていた船を遂に発見し、エメラルド板も無事見つけることができました。
お父様からマリア提督へのメッセージも残されていたようです。
アルメイダ家復興のために国王陛下も手を貸してくれるそうで、マリア提督良かったですね。
アルメイダ家のことはトーレス爺さんにしばらくお任せして、マリア提督は我が商会に残ってくれるそうです。

   


金のジデールの振り子をいただきました。
動いているものも探知できるすぐれものなのです!




謎のコアラ

隊長コアラ、軍隊コアラ、コアラの町を見つけました。
特にイベントは発生しませんでした。

   

  


珍獣など

コアラ以外にも見つけましたが、相変わらず謎ですね。

  


海の司教は体力バーの表示がありませんでした。
どうやって倒すのでしょう。
放っておいてもかまわないのですが、探検航海の邪魔になるんですよねー。

 


やさしいクジラの報告は受けましたが、見失ってしまいました。
何かのクエストに絡んでいるのでしょう。




イルカ一家の四男を見つけましたが、四人兄弟なのでしょうか。




まとめ

今回は3時間まとめてプレイしましたが、未踏領域の確定に集中したのでイベントは少なめでした。
本当はまだ4つほど手をつけているエピソードがあるのですが、始めたばかりなのである程度まとまってから書こうと思います。

観察力の高いゴメス提督で探検を進めた結果、



一気にここまで雲が晴れました!
結局レムリア大陸は発見できませんでした。
ムー(らしき群島)は発見しましたが、特にイベントはありませんでした。

未踏領域は残りわずかですが、世界の謎はまだまだたくさんあると思います。

オヤジハザード? ~バイオハザード7~

多少は気になっていたバイオハザード7。
YouTubeで何度か見てみたのですが、家具などの質感が半端ないですね。
そこにもひかれて買ってしまいました。

パッケージ・デザイン

左が日本語版、右が海外版らしいです。
個人的には海外版の方がセンス良いと思います。

 


あらすじ

3年前から行方不明の妻を探していたイーサンに、ある日突然妻から連絡が入る。
妻がいるとされる農場にたどり着いたイーサンが見たものとは……。

 


イーサン

主人公です。
一人称視点なので顔はわかりません。
あまり動じない性格のようです。
武器の扱いにも慣れている方だと思います。
アメリカでは普通なのでしょうか。


ミア

イーサンの奥さまです。
美人ですねー。




物語序盤では襲い掛かってきたりします。
それにしてもこの豹変ぶりは一体……。




ジャック

農場の主です。
個人的にこのオヤジが一番キモかったですし、彼が真のラスボスだと言っても過言ではありませんでした!
倒しても倒しても何度でも復活してきました。

  


マーガレット

ジャックの奥さまです。
彼女の攻撃方法は個人的にかなりキツイです。




渾身のセクシーポーズ。
スカートまくっちゃだめー!




ルーカス

ジャックの息子です。
かなりイッテいる人です。
直接戦うことはありませんが、何度も嫌な目にあわされます。




ゾイ

ジャックの娘です。
唯一まともな感じでした。
彼女も家族から逃げ出したかったのか、イーサンのことを何度も助けてくれるのですが……。




エヴリン

謎の多い少女です。
過激なこと言いますね。






バイオハザードといえばゾンビですが、今回はゾンビではありませんでした。
モールデッドと言うそうです。
数種類います。




あとは上述のジャック、マーガレット、ルーカス、エヴリンです。
ジャックのキモさが群を抜いていました。


まとめ

ゾンビは出てきませんでしたが、登場人物が良い味を出していました。
特にジャックには何度も怖い思いをされました。
ここは出てこないだろうと思っていた場面で壁をぶち破って登場したときにはリアルで声が出ましたよ。




難易度は比較的やさしい方だと思います。
アクション苦手な私でも最高難度でクリアできました。

クリア報酬をもう少し考えてほしかったですね。
弾薬無限化は一番やさしい難易度クリアの報酬でよかったと思います。
丸鋸は良いアイテムでした。
あと、アイテムボックスに追加するのは良いのですが、せめて最初から何個か選んで持てるようにしてほしかったです。

なかなかの良ゲーでした d(^^*)

酒場の主人が提督に

北米大陸と南米大陸が確定したのでインド洋方面に向かうことにしました。

伝説の食材

ロハス氏の要請でジャガイモをリスボンに輸入しましたが、煮込んだジャガイモに羽が生えて飛んで行ったとか。
リスボン周辺はジャガイモ虫だらけに。

 


さらに1匹は海の向こうに飛んで行ってしまったそうです。
なんと、南米大陸の西側にいました。




伝説の酒

またしてもロハス氏の要請です。
世界中のお酒が飲みたいそうです。
貿易の加工品でお酒を見つけていけばいいのでしょう。

オーク樽+ブドウ⇒ワイン
オーク樽+トウモロコシ⇒バーボン
オーク樽+サトウキビ⇒ラム酒
オーク樽+サツマイモ⇒焼酎
オーク樽+コメ⇒ジパング酒
オーク樽+ワイン⇒ブランデー

赤字覚悟でいろいろと貿易しまくりなんとか6種類はできましたが、今度は伝説の酒が飲みたいと言い出しました。

 


全く手掛かりがないのですが、ロハス氏はまだかまだかとしつこいのです。
そのうち我慢できなくなったのか、自分で探すと言い出しました。
そんなわけでロハス提督が復帰です。




早速探検に出してみたのですが、飲みすぎて幻覚でも見たのでしょうか。
突然雲の間から巨大な顔が現れて、アトランティス大陸にあるというプレアデス7姉妹の名が付いた都市を探せと言われたそうです。
アトランティス大陸は発見しましたが、プレアデス7姉妹の都市がなかなかみつかりません。
関係のない都市ばかりが見つかります。
ようやく見つかったと思っても湖の中だったりするのでセーブ推奨です。
セロエーノという都市が見つかったのでロハス提督を派遣し、アトランティスの実を発見。
早速貿易に出してアトランティス酒に加工しました。
伝説の酒を遂に発見です。

  


滅びゆく者 ~小さな妖精~

スズメの涙をマリア提督に持たせて北の海を探検させます。
妖精を発見です。
もう少しかわいらしいのを想像していたのですが……。




はぐれた仲間がいるので探してほしいと頼まれました。
うわさバルーンを頼りに全員を探し、お礼にへそくりをいただきました。

 


なかなか面倒なクエストでしたが、小人さんが全員そろってよかったですね。


豆の木のタネと無茶ぶり兄妹と丸投げミゲル氏

ケサダ氏がやってきて、無茶ぶり兄妹から豆の木のタネを買えなかったお話を聞きました。
ミゲル氏の勝手な判断でどちらが先に豆の木のタネを手に入れられるか勝負することになりました。

  


バルボサ提督を派遣して豆の木のタネを手に入れることができました。
何かのクエストで使うことになるのでしょう。

 


四大精霊

インド洋に到達したので精霊探しです。
スケール10くらいでウンディーネを見つけることができました。
サラマンダーは熱に対応する必要がありますが、探すのはそれほど苦労しませんでした。
錬金術工房に行って銀のジデールの振り子をいただきました。

   


父の想い出 

幼いころに死別した父の顔が思い出せないマリア提督。
地中海のとある都市に派遣するとイベントが進みました。
幼いころのマリア提督はすこし怖い顔をしていたのですね。




なんにせよお父様の顔を思い出せて良かったですね。


まとめ

レムリア大陸はまだ発見できていませんが、アトランティス大陸は発見できました。
まだまだ確定率は低いですが100%目指して航海を続けます。
まだ見ぬ世界を目指して。

無茶ぶり兄妹とお菓子の家

北米大陸を南下して南米大陸確定を目指しました。

特産品と加工品

貿易で資金を稼ぐわけですが、特定の特産品同士で貿易をすると加工品ができます。
例えばカカオとサトウキビで貿易をするとチョコレートができます。
大抵はより価値の高いものが生産されますし、またクエストに必要なものができたりもします。

 


この他にも、

真珠+マダス貝⇒黒真珠(1次加工品)
黒真珠+指輪⇒黒真珠の指輪(2次加工品)

といった感じです。


お菓子の家 ~無茶ぶり兄妹~

加工品でチョコレートを生産できたので兄妹のところに提督を派遣しました。

 


無事にお菓子の家ができたのですが……。
「タマゴたっぷりのレンガのようなお菓子」など未だに発見していないのです。
どうしてそういう無茶ばかり言うのか。

   

   

   


父の想い出

マリア提督に手紙が届きました。
送り主はマリア提督の母親らしいです。

   

   

 


最初は帰りたくないと言っていたマリア提督でしたが、母親と再会できて良かったですね。
マリア提督の父親も船乗りでしたが、マリア提督が小さいころに帰らぬ人になったそうです。
小さいころに父親に買ってもらったカメオを発見したようです。
想い出が蘇るといいですね。

   

   

   


南米大陸が確定

早かったですねー。
およそ7か月でした。




料理が得意な提督

ジパングのナガサキ周辺にうわさバルーンがありました。

  


偶然ゴメス提督がナガサキにいたのですが、そのゴメス提督が実は料理が得意だったらしいのです。
難破して何年も孤島で一人暮らしをしていたのですから、当然といえば当然ですね。
黒山の人だかりの中、カステラができました!
ナガサキの特産品がカステラになりました。
そこそこ価値は高いですね。
これをあの兄妹に持っていけばいいのでしょう。

   

   

   

 


お菓子の家 ~無茶ぶり兄妹再び~

カステラを持って行きましたよ。
すると案の定、またしても無茶を言ってきました。
今度は「赤くて甘くてとんがった果物」ですか。
イチゴですね!

   

   

   

   


イチゴを持って行くと、またしても……。

   

   

   


「派手で心が暖かくなるような灯」と言われても、全く心当たりがありません。
ジデールの振り子で探せばいいのでしょうか。
途方に暮れていたとき、闇の商人ケサダ氏が押し売りに来ました。
ケサダ氏にしてはお買い得価格でした。
それにしてもミゲルさんは過去によほど酷い目にあったのでしょうか。

  

  


ようやく終わりました。
これからは兄妹仲良く幸せに暮らしてください。

   

   

   

   


滅びゆく者

ダウジングで切り株を発見しました。
スカンジナビア半島南部です。
マリア提督を派遣するとスズメの涙を発見しました。
小人妖精が住んでいたようですが、何者かに襲われて逃げ去ってしまったようです。
サヨナラのしるし、というのがなんだか切ないですね。

   

   

   


まとめ

あっという間に南米大陸が確定しました。
1年掛からなかったのは驚きです。

クエストでは今回は無茶ぶり兄妹に振り回されました。
マリア提督の父親のお話や、小人妖精のお話も続きが気になります。

そろそろダウジングのクエストも進めたいので、次はレムリア大陸を探します。

北米大陸も確定

前回はユーラシア大陸が確定したので進路を西にとり、新大陸発見まですすめました。
今後はそこから反時計回りに北上してまず北米大陸を確定し、そのまま南下して南米大陸を確定する予定です。
とりあえず地図の確定を優先的に進めていきます。

お菓子の家

北米大陸で迷子の森を発見したのでマリア提督を派遣してみました。

  


幼い兄妹がこの森に家を建てようとしているようですが、材料がお菓子なのです。
まだカカオを発見していないので、今回はここまでです。

   

  


モフモフ

じつはユーラシア大陸でも発見してました。
何匹か発見すると北方の都市の特産物になります。
そこそこ価値は高いのでオススメです。




海賊アンジェラ

またしても出てきました。

   


人形の家

特別気にしていたわけではないのですが、調査可能になっている場所だったのでマリア提督を派遣してみました。
家主は留守だったようです。

   


うわさでは動く人形を作るために旅に出たようです。

 


北米大陸確定

バルボサ提督がだいぶ成長してくれて、未確定地域の雲を晴らす面積がかなり大きくなりました。
おかげで1時間足らずで北米大陸が確定できました。

   


まとめ

今回はあまりイベントがなかったです。
バルボサ提督が成長したのもありますが、探検距離はかなり伸びました。

ユーラシア大陸確定

とりあえず世界の果てにある滝は発見できました!

このまま世界地図完成を目指して探検を続けていきます。

伝染病の発生

伝染病が発生しました。
放っておいてもこれといって悪い影響は無いと思います。
序盤で発生した場合は放置するしかありませんし。

  


封印石はさほど苦労せずに発見できました。
病気の発生源を見つけるほうが一苦労でした。

   

   


鬼ヶ島

といっても、桃太郎はでてきません。

  

 


赤い口の鬼のときと同様にロウソクを使って眠らせます。

  


すると、なぜか子供たちのはしゃぐ声が。
これが東洋の「オニゴッコ」というものでしょうか。

   


その中にソリス提督がっ!

   


この島に遭難したそうです。
それにしても鬼ヶ島なのに鬼ではなく盗賊だったのですね。
子供たちが鬼ごっこをしている島なので鬼ヶ島と呼ばれているのでしょうか。

  


別れがつらいのです。

   

   


無事帰還し提督に復帰していただけることになりました。
ただ、使えるかどうかと聞かれると、個人的にはあまり使わない、といった感じの提督です。
ぶっちゃけ、ゴメスさんとマリアさんがいれば、探検には困りません。
能力は良いだけに、復帰するのがもう少し早ければ……。

   

   


聖牛イヴラーク

ソリス提督も戻り、イヴラークの地図が揃いました。
聖牛イヴラークは過去作でキャンペーンも何度か行われたほどで、このシリーズではかなり有名なエピソードらしいです。

   


ソリス提督もいろいろと探し回ったようですが、地図を見つけたところで中断していたようです。
今後はこの地図を手掛かりに探索を進めていくのでしょう。

   

   


ユーラシア大陸の内陸が確定

ジパング発見後も北上を続け、そのまま西へ向かいヨーロッパを目指しました。
そして、ユーラシア大陸の沿岸の雲が全て晴れ、内陸が確定しました!
世界地図の確定率も一気に上がりました。

  


海賊アンジェラ

探検航海中に遭遇しました。
てか、自分で言えばいいのに。
この航海のあとも何度か出没しますが、地味にウザいです。
何かのイベントなのでしょうかねー。

   

   

   


竜宮とカメ

ジパング周辺でドラゴン宮殿を見つけましたが、深すぎてマリア提督の潜水術でもたどり着けなかったです。
探検船トンチン・クゥーイという、カメのような船がないとダメみたいです。
トンチン・クゥーイを建造するためにはウチデノコヅチと東洋の探検船が必要です。
両方そろっていたのでトンチン・クゥーイを建造し、ドラゴン宮殿を目指します。

 


オトヒメさまにウチデノコヅチや島カメのお話を聞き、お礼にと玉手箱を頂きました。
賞金百万両は? と思いましたが、発見時の獲得賞金が100万Gでした。








絶対に開けないで! と言われた玉手箱でしたが……。

   

   

   

  


新大陸発見

ユーラシア大陸が確定したのでアフリカ大陸の赤道付近からひたすら西に進み、ほどなくして新しい大陸を発見しました。
画像では分かりずらいですが、現実世界でのブラジル北部辺りを発見できたと思います。
今度はここから北上していこうと思います。

  


まとめ

ユーラシア大陸が確定し、ソリス提督も戻ってきました。
西へと進み新しい大陸も発見できました。
それでもまだ世界の1/3も確定できていません。
聖牛イヴラークの謎解きもこれからですし、まだまだ探検は続きますよー。

【速報】世界の果ての滝を発見!

世界の果ては滝になっていましたっ!

世界の果てへ向け探検航路を設定しいざ出航!
濃霧の先に滝の音がっ!!

  


動揺する水夫を落ち着かせ、自ら動いてくれたバルボサ提督、さすがです。
やるときはやってくれますね。
私は信じていましたよ!
これホント。
そして、遂に世界の果ての滝を発見しました!

   

  


ミゲルさんも大喜びです。
国王陛下にも喜んでいただけました。

  

  


球体説を信じていたペレス提督にはショックだったようですね。

  

  

  


これで世界が平らだと証明されました!
ですが、まだまだ未確定領域は多いので引き続き探検していきます。

   


この先どんな出来事があるのか、今から楽しみです。

早くも世界地図完成か?

伝説のイカリ

ようやく見つかりました。
東洋では探すのに苦労しましたが、最後のイカリはそれほど苦労しませんでしたねー。
アブドゥ提督のお話の通り、アフリカ大陸にありました。
あとは世界の果てに挑むだけです。

素材はオリハルコンっぽいです。
まだアトランティス大陸は発見していないのですが……。

  

   


ショーグンの城

せっかくジパングに来たのだからショーグンに謁見してはどうか、とミゲルさんに言われたのでバルボサ提督を派遣してみました。
見事に断られました。
ヤマトダマシイのことをジパング人に聞いてみると、不死山の近くに落とした人がいるそうなので横取りに拾いに行きました。

  

チョンマゲを装備してもらい、再び派遣してみますが、

   

またしても断られました。
ってか、門番さん、人を見る目あるねー(笑)

 

そういうこと言ってるからダメなのよ!

 

懲りずにもう一度派遣してみると、

 

だから違うって!(笑)



そりゃあそうなるでしょうよ。

   

さすがに今回は懲りたようです。



別の提督なら特にトラブルはありませんでした。
ちなみにマリア提督を派遣するとソクシツに歓迎されます。

 


トーレス爺さんの帽子

マリア提督の世話役であるトーレス爺さんがお気に入りの帽子をなくしてしまったそうなので、商会で探すことになりました。

マリア提督には思い切りバレているような気がしますが。

  

イタリア近辺で紛失したそうなので、そのあたりを探索してみます。
ちなみにスケール14.0で出現しましたので、黒海が狭いとはいえ、そこそこ見つけにくい部類だと思います。

   

その後、その帽子はデザインが評価されて黒海のとある都市で特産品になりました。
加工次第でさらに価値が上がりそうです。

  


白黒グマ

遂に本当の白黒グマが見つかりました!
なにか違うと思いますが、喜んでもらえて良かった……のでしょうか?

   


ミゲルさんの世界地図

最近、祖父の夢を見るというミゲルさん。
アブドゥ提督の提案で、ジパングにあるオソレヤマという霊山に行くことになりました。
そこにいるとされるイタコに頼めば、おじいさんの伝えたいことが分かるかもしれないそうです。

  

ミゲルさんは非科学的だと、どうも否定的でしたが……。

   

   

なかなかどうして、かなり正確な地図ではないでしょうか。
未発見のはずの北米、南米大陸もありますよ!

  

   

  

ジパングブームに乗った王様もチョンマゲをかぶって登場です!

   


ヤジロー砦

行方不明のソリス提督を追いつつジパングまでやってきました。
ジパングの近くにヤジローの根城があることを突き止めましたよ。

  

ソリス提督の手がかりが?

 

ヤジローの根城を突き止めました。

 

とはいうものの、真正面から潜入するのは難しいでしょう。
元海賊のバルディ提督にお話を聞いてみました。
潜入するには海賊船が必要らしいですが、海賊船は持っていません。
海賊船を入手するためには、黒海を探検航海してみろ、ということです。

   

黒海付近にいたマリア提督を派遣してみました。
海賊のトッド氏から海賊船の製造方法を教えていただきました。

   

   

海賊船が作れるようになりました。

 

海賊船でヤジロー砦に潜入し、略奪された地図を発見しました!

   

ヤジローに見つかりましたが、難なく逃げてこれたようです。

   

    

  

地図は奪還しましたが半分だけなのでよくわかりませんね。
ソリス提督が見つかれば、残りの半分も見つかるのでしょう。
引き続きソリス提督の捜索を続ける予定です。

  

 


まとめ

ショーグンの城のお話とミゲルさんの世界地図のお話には笑わせてもらいました。
ソリス提督の行方が気になりますが、それらしい噂も発生していませんので、今はただ待つしかないようです。
遂に伝説のイカリが見つかりましたので、次回は世界の果てに挑んでみようと思います。

遂にジパング到達!

怪物の討伐

現実にはあり得ないのですが、海には様々な怪物や海賊などが出没します。
探検航海を邪魔したり、貿易品を強奪したりされるので、なかなか放置しておくわけにもいかないのです。
提督を調査派遣すれば戦闘が始まります。
提督の戦闘力や船の性能で戦闘力が決まります。

  

 


世界の果てはあるのか

リスボン周辺で世界の果てについて大論争が起こっているそうで、この機会に商会でも議論しましょう、という流れになりました。
ものすごい数のバルーンが発生していました。

 

商会の中でも意見は真っ二つに。

   

   

そんな中、

 

伝説のイカリを装備すれば世界の果てにある滝の激流に耐えることができるそうです。
とりあえずはそのイカリを探すことにしましたが、今回の探索ではみつかりませんでした。

    

   


珍動物

中国周辺まで到達したのでイカリを求めて探索してみたものの、関係ないものばかりが見つかりました。



普通に牛だと思うのですが(笑)

 

いや、これはどうみてもパ○ダ……。
あながち間違ってはいないですけども。



珍しい植物も。
何かのクエスト関連なのでしょうか。




ジパング到達

寄港した港の名前がナガサキ。
ようやくジパングに到達しました!
意外と早く到達できました。

    

   

オトヒメ……。
島ガメやウチデノコヅチが関係ある場所でしょうか?



こんなものもあったのですねー、さすがジパング(棒読み)




まとめ

意外に早く到達できました。
ですが、まだ世界は13%ほどしか確定していません。
世界の果てにもそろそろ挑まなければなりません。
まずはイカリ探しをしながら、このまま北上する予定です。

さまざまなクエストが発生してきたので、これからも忙しくなりそうです。





睡眠時間が削られるーっ!

イベント盛りだくさん

ジパング到達を目指して探検航海を続けています。
本格的にイベントが発生しだしました。

ダウジングの流れ

このゲームの探索では必要不可欠になってきます。
ゲーム中は地図上でスケール(見える範囲)を拡大・縮小しながら探索を進めるわけです
スケール0.0~16.0まであって、0.0では全世界が、16.0ではだいたい5~10km四方といった感じです。
あまり拡大しすぎても探すのに時間がかかりすぎるので、そんな時にダウジングの出番なわけです。

お宝に近づくと振れが大きくなります。

ジデールの振り子、銀のジデールの振り子、金のジデールの振り子の3種類あり、それぞれ錬金術工房関連のクエストをクリアするともらえます。
ジデールは60秒、銀のジデールは99秒で共に宝箱のみ、金のジデールは宝箱以外も探知できて99秒探索できます。
1年ごとに有料で探索時間のチャージができます。

   


精霊を発見

宝箱を発見したので開けてみると中から土の精霊を発見しました。
風の精霊は宝箱に入っていたわけではなくて、最初から見えていました。
インド周辺を漂っていたのを偶然発見したのです。
錬金術に関係があるそうなので錬金術工房に提督を派遣してみると、四つの精霊を見つけたらもう一度来てください、とのことでした。
おそらく銀のジデールの振り子がもらえるのでしょう。
ただ、風の精霊は動いていたためジデールの振り子では探知することができませんでした。
他の精霊も動いている可能性が高いので、発見は困難になるでしょう。

というか、レムリアってどこ?

ネットで調べてみたところ、インドの南(現インド洋)にあったとされる仮想大陸みたいです。
このゲームではレムリア大陸が発見できるかもしれません。
今はジパングを目指しているので後回しになりますけど。

  

  


怪物の化石

探検航海を続けていると、突然闇の商人ケサダ氏が謎の化石を押し売りに来ました。
首長竜の化石みたいですが、おそらく何かのクエストに関連しているのでしょう。

   


赤い口の鬼

インド周辺で鬼を発見しました。
赤い口というのが何なのかよくわかりませんが、村人が連れ去られているので助けに行くことになりました。
取りあえず根城を見つけたのですが鬼がたくさんいるそうです。
そこへケサダ氏が登場、なんでも鬼を眠らせる道具があるとか。
怪しさ120%ですが買ってみます。

  

  

  

早速提督に根城を調べさせると、効果がありました!
鬼たちがバタバタと寝たそうです。

 

村人は帰還を拒否します。
なぜっ?

 

そうこうしているうちに鬼が目覚めてしまいました。

  

実は温和な種族でした。
三食昼寝付きで一緒にイチゴを栽培していたそうです。

    

   


行方不明の提督と聖なる牛

探検航海中に手紙の入ったビンを発見。
中を見てみると、行方不明になっていたソリス提督からの手紙でした。
ソリスという提督は最初からいなかったのですが……。

 

いきなり聖なる牛のお話です。

  

私がこの商会に入る前に一悶着あったみたいです。
ジパングに向かっていれば、そのうち手がかりもつかめるでしょう。
それにしても伝説を追うために仕事を辞めるってすごいですね。

    

   


世界の果ては?

一方、ヨーロッパでは世界の果てがどうなっているのか話題にあがっているそうです。

おそらく世界観確定のフラグになっていると思われるのですが、バグでこのあたりの現象が始まらないこともあるそうです。
そうなると1からやり直すしかないのですが……。
とりあえず始まってよかった!

   

   



新提督加入

ペレス提督がピラミッドを調査したいと言うので派遣しました。

  

いきなりこの画面がでてかなりビビリました!



せっかく見つけた黄金の天秤を紛失してしまったのですね。
何かのクエストで使うものなのでしょうか。

  

  

ペレス提督が呪われた?

   

呪いを解くためシャーマンを探します。

  

ペレス提督を派遣します。
呪いなど非科学的だと拒否されますが、とにかく行ってもらいます。
ってか、呪われている、って言われているじゃねーかYO!

 

無事呪いを解いてもらいました。
心配ご無用、じゃねぇーっ!

 

その後シャーマンさんがやってきます。

 

お世話になった方を侮辱してはいけません!

 

新提督誕生です。

 

やはり天秤は何かのクエストに繋がっているようです。

 


まとめ

本格的にイベントが発生してきました。
地球時間で1時間を目途に探検をしてきましたが、今回はかなり長い記事になってしまいました。
これからは30分を目途に進めようと思います。

世界観確定クエストが発生して良かったです。
実は今回のプレイは3度目になるのですが、2度目のプレイの時は発生しませんでした。
世界地図確定領域が50%を超えて大陸はほぼ出尽くしていたのですが、世界観が確定しないため諦めました。
ネットなどで調べてみると、このバグは結構な頻度で発生しているようです。
ゲームの根幹部分なのですから、メーカーさんには早めに対処してもらいたいものです。

まだまだジパングは遠いみたいですが、少しずつ進めていきます。

インド到達を目指す

探検航海の流れ

このゲームでは提督を雇って航海に出てもらいます。
未知の領域は雲で覆われていて、探検航海で雲を晴らしていくわけです。

まず探検に出る提督に探検航路を設定してもらいます。



次はいよいよ出港、探検航海です。



最後は報告です。



報告を信じると探検航海中に発見した陸地などがそのまま地図になります。
信じない(信じたくない)場合は同じルートをもう一度探検航海します。
大抵は信じるで問題ないのですが、高価な特産品を生産する都市が内陸に閉じ込められたり、より正確な世界地図を目指すときに納得のいかない地形が出現したときなどは信じないのも一つの手です。


島のようなカメ

探検航海中におかしな巻物を拾い上げました。
見たこともない文字でなにやら書いてあります。



探検航海を続けつつ世界中を探索し、黒海で島ガメを発見です。
その後、周辺に噂バルーンが発生しました。

   

南に泳いで行ったよ、ということなので地中海を拡大しながら(スケール15程度、かなり探しにくい)探索していると、チョウチンアンコウとウチデノコヅチを発見。

  

手配書に書いてあった物でしょうか。
(ポルトガル人には)分からないので取りあえず何かの役に立つまで保管しておくとしましょう。


アレキサンドリア大灯台の謎

突然、ペレス提督から提案がありました。
アレキサンドリア周辺に昔の人が作った大灯台があるはずなので、自分をアレキサンドリアに派遣してほしいということでした。
早速派遣してみると沈没船の情報を教えてくれます。

 

噂バルーンを頼りに探索を進めて沈没船を発見しました!
早速マリア提督に調査を依頼し、お宝を発見です。

  

このエピソードは単にお宝発見だけというわけではないようです。
ペレス提督は世界が球体であることと、今回のお宝発見には関係があると言っていましたが……。
船で遠くに行くと大灯台が少しずつ沈んでいくように見えるのだとか。
それはきっと目の錯覚でしょう。


インド到達

アフリカ大陸を陸地沿いに北上すると、今度は東の方へ陸地が続いていきます。
すると執事のミゲルが突然、



もうそろそろインドに到達しているのではないか、と言ってきました。
ガンダーラ寺院を発見すればインド到達らしいです。
しばらく陸地を探索しガンダーラ寺院を発見。
遂にインドに到達しましたっ!
ナマステッ!

  


まとめ

世界球体説がチラッとでてきましたが、世界の果てはどうなっているのか。
まだ先のことですが楽しみです。

次に目指すはいよいよジパングです。

航海日誌 1468年10月1日 ~世界の果てを目指す~

Neo ATLAS 1469

このゲームだけのためにPSVitaを買ったといっても過言ではありません!

時は15世紀、大航海時代のヨーロッパ。世界の姿が曖昧だった時代。
世界の果てには何があるのかを追い求め、世界に関する情報を集め、
自分だけの世界地図をつくり上げる――

但し冒険を行なうのは優秀な提督たち。
ユーザーはリスボン(ポルトガル)の貿易商となり、
船団を雇い、世界地図作成という大事業に挑戦していきます。

(公式サイトより)

この世界の果てが滝になっているのか、そもそも果てなどないのか、確かめようと思います。


タイトル画面



良いですねー。
PCの壁紙に設定したくなるほど素敵です。


最初の提督

最初は提督がいません。
というかチュートリアルから始まる感じです。

一連の流れをクリアすると一人目の提督が雇えます。

アルマゲストという本を探してくるのが目的です。
アルマゲストは画像の場所にありました。
探索は世界地図上で進めます。
地図を拡大・縮小しながら宝箱などを探していくのです。

  


2人目の提督

このクエストもチュートリアルです。
うわさバルーンを頼りに目的のものを探していきます。

二人目の提督は、以前プレイヤーの商会に所属していましたが海賊に襲われ行方不明になっていたそうです。
わずかな手がかりからほったて小屋を発見し、先ほどの提督を調査に向かわせると、

  

  

提督として復帰してくれることになりました!



ちなみに提督は全部で8人います。
それぞれ得意分野が違うわけです。
ちなみにペレス提督は元は学者だけあって知識系のイベントで大活躍したり、ゴメス提督は生粋の船乗りなので勇気があったりします。
また、特定のイベントでは特定の提督でしか調査できないときもあります。


貿易特権契約締結

提督が2人になりここからが本番です。
しばらくリスボン周辺を探索していると、王様からの命令で世界地図作成に取り掛かることになります。

ポルトガル国王は貴下と以下の契約を結ぶものである。
すなわち、貴下は国王の航海事業発展のため 未開地を探索し、
発見した事実を直ちにポルトガル国王に報告するものとする。
毎年、王国は貴下に見合う援助を約束し、探索途上で発見した
特産物については、貿易の対象として 独占的に扱う権利を与える。
ただし、天災、事故、紛争などについて王国は一切関知しない。
本契約は当方の規定により一方的に解約できるものとする。

(公式サイトより)



とてつもなくお金のかかる事業ですから、これくらいの飴はもらってもいいですよね。


3人目の提督



貿易特権契約締結後に無理やり雇わされます。
今は没落した名家のお嬢様というわけです。
潜水が得意なので沈没船の調査には彼女が不可欠です。
友好度の初期値が高いのでなにげに最初は使えるかも。
というのも友好度が低いと、せっかく港を発見しても入港させてもらえない場合があるのです。


4人目の提督



元海賊だけあって戦闘力は全提督中トップです。
海賊・怪物退治は彼でキマリっ!

「アディオス!・・・ハッ!」


5人目の提督



個人的に彼がお気に入りです。
探検はゴメスがメインですが、いろんなイベントに絡んできます。
動物とお宝(命よりも!)が大好きみたいです。

「クンクン……お宝のにおい……」

ここまでの探検では5人まで雇えました。


ダウジング解禁!

お宝発見がメインのこのゲームでダウジングは欠かせませんっ!
というかこれが無いとかなりきついのです。
世界は広いのでダウジングを使わないと、とても小さな宝箱を見つけるのは至難の業なのですよ。




まとめ



今回の探検はここまで進みました。
ちなみに王様の命令では「まずはジパングを目指せ」ということなので、このルートを選びました。
ここからインド、ジパングを目指すことになります。



提督の報告を信じるも、信じないも全てはプレイヤー次第。
その結果、世界の姿が明らかになるのです。



追記
今まではLightbox 2.05を使っていたのですが、Colorboxを導入してみようとしたところどうやっても上手くいかず、Lightboxに戻そうと思ったら今度はLightboxもダメ。
およそ2日間PCモニタに張り付いていましたがどうにも改善できそうにないので、面倒くさいのでクリップ・ポップアップにしました。
サムネイルをクリックするとポップアップで表示されるのはいいのですが、ポップアップされた画像をクリックしないとポップアップが消えないみたいです。

書式も変わっているので、これまでの記事を修正するのは計り知れないほど時間がかかりそうなので、そこはあえてスルーします。

恐怖との闘い ~ALIEN: ISOLATION~

ALIEN: ISOLATIONの日本語版にはダウンロード・コンテンツが最初から収録されていて、映画エイリアンのストーリーを一部体験できるそうなのと、中古で安かったので買ってしまいました。

あらすじ
エレン・リプリーがシャトルで脱出した15年後、ノストロモ号のフライト・レコーダーがとある宇宙ステーションに持ち込まれる。

ウェイランド・ユタニ社の幹部からフライト・レコーダー回収の任務を打診されたアマンダ・リプリー、母親の消息を諦めきれていない彼女は説得に応じステーションに向かう。

そこで彼女が目にしたものとは……。


タイトル画面
星とステーションのバランスのセンスが良いなと思いました。
木星に似ていますが全然違う星らしいです。




主人公
ケジア・バロウズという方がモデルになっているそうです。
雰囲気はエレンに似ているような気もします。




舞台
恐怖の舞台、セヴァストポリ宇宙ステーションです。




本編
とにかく怖かったです。
エイリアンはパワー、スピード、耐久力、聴覚の全てが半端ないです。
物陰に隠れていれば見つからないことが多かったですから、視覚は大したことないかもしれません。
人間やアンドロイドは鈍器や銃などの武器で倒すことができるので大したことないですが、エイリアンには全く効果がありません。
見つかる→死ぬ→セーブ・ポイントからやり直し
なのです。

 


途中から動体探知機が使えるようにはなるのですが、探知器に頼りすぎると痛い目にあいます。




天井のあちこちにダクトがあるのですが、そこからよだれのようなものが垂れているときがあります。
エイリアンが待ち伏せているのですが、探知器を使っていると景色が微妙にボヤけるので発見が遅れるのです!
動いていないので探知器にも反応しません。
中盤からは火炎放射器も使えるようになるのですが、燃料が無くなるのがとてもとても速いうえ、一時的に撃退するだけなので安心はできません。
距離次第では強引に襲い掛かってきますし、だんだん耐性がついてきてなかなか撃退できなくなります。

 


フェイス・ハガーもたびたび出てきます。




エンディング
あまりハッキリしていません。
マルチ・エンディングではないらしいのですが、バッド版のエンディングなの? といった感じで、あっという間にエンド・ロールです。
映画版のエイリアン2があんな感じだったので仕方のないことなのかもしれませんが……。


日本語版特典
日本語版には特典としてオリジン・ミッションの「搭乗員は放棄してよし」「最後の生存者」が最初からプレイできます。
個人的にはこれらをプレイしたいがために買ったようなものなので期待は大きかったです。


搭乗員は放棄してよし
映画版でケイン、ブレットがエイリアンにやられた後、ダラス船長がメイン・ダクトにエイリアンをおびき出すシーンの再現です。
ゲームではリプリー、パーカー、ダラス船長の3人から選んでプレイできます。
エンディング前のアッシュのセリフが少し変わる程度の違いだと思います。
ダクトでの行動は恐怖感Maxでした!

  


最後の生存者
映画版でパーカーとランバートがエイリアンに倒されてしまい、生き残ったリプリーが脱出するシーンの再現です。
自爆装置の起動は映画ファンにはたまりませんでした!
自爆装置起動後の船内も良く再現できていたと思います。
ネコちゃんは一切出てきませんでした。




プレイして良かった点
エイリアンの怖さがしっかりと再現されていました。
動体探知機は万能だと思いましたが、きちんと盲点もあり、とても良いバランスに仕上がっていました。
オリジン・ミッションも満足の出来でした。
映画のシーンが再現されているのも良かったです。
登場人物が違うので話の内容は若干違いますが、上手くまとめられていました。




悪かった点
人間とアンドロイドと戦うのが個人的には面倒でした。
エイリアンだけではプレイが単調になってしまうからなのでしょうが、少し理不尽な気もしますね。


まとめ
今なら中古でかなりお手頃なお値段だと思います。
PS4ユーザーでエイリアンのファンなら絶対に買いの1本だと思いますよ!



いやぁ、本当に怖かったです……。

フクロウとビーストライダー ~ネコは泳げるのか?~

祈祷師を仲間にするとビーストマスタースキルが解放されます。
スキルを開放していくといろいろなことができるようになります。
ただ、動物に乗る(ライドする)ためには、別の人を仲間にしなければなりません。

フクロウ
偵察が主ですが、敵のど真ん中にハチの巣爆弾や火炎爆弾、混乱爆弾を落としたり、直接襲わせてみたりできます。
後頭部が可愛いです。

 


マンモス
出会うことは稀ですが、乗ることができるようになると無双状態です!
敵部族や動物を吹っ飛ばしたり、踏みつけたりできます。
はっきり言って強すぎです。
洞窟などの狭い場所に入れないのが唯一の欠点でしょうか。

 


サーベルタイガー
攻撃力はかなり高いですし、乗るとかなり速いですが、体がそれほど大きくないので動きがかなり制限されます。
乗ったままで川を渡ろうとすると……。

 

 


その他の動物
他にもオオカミやクマ、ライオンなどいますし、特定のミッションをクリアするとレアな動物も仲間にできます。
動物ごとに特徴があり、大型動物は攻撃力・体力が高く、小型の動物はステルスに長けている感じです。

個人的には、フクロウが一番好きです。
次点でレアなサーベルタイガーですね。

遂にこの時が来たっ! ~レジェンド・オブ・マンモス~

祈祷師を村に連れ帰って専用の小屋を作ると、待望のマンモス・ミッション「レジェンド・オブ・マンモス」が解禁になりました!

早速プレイしてみましたよ。
3個のミッションがあります。

獣の決闘
マンモス(プレイヤー)対サイの精霊たちとの対決です。

161109-001.jpg 161109-002.jpg

サイの精霊は「とてつよ」でした。
1対多なうえ、相手の攻撃が痛すぎです。
ヒット・アンド・アウェイを繰り返し、3度目でクリアできました。


捕らわれた仲間
主人公と敵対している部族に捕らえられたマンモスを助けに行くミッションです。

161109-003.jpg 161109-004.jpg

こういった護衛系ミッションは苦手ですが、そこはさすがマンモス!
適当に放っておいても余裕でクリアできました。


狩人狩り
いよいよ本番です。
敵陣に乗り込み暴れまくるのですっ!
とはいえ、このミッションも護衛系でした。
2部構成になっていて、前半は5頭のマンモスを引き連れながらの強行突破、後半は3頭のマンモスを救出し脱出です。

161109-005.jpg 161109-006.jpg

今回のミッションも楽でしたねー。
人間のくせにマンモスに挑むたぁ、100万年早いぜっ!


クリアしたらマンモスに乗れるようになると思っていたのですが、経験値がもらえただけでした (´ω`。)

獣使いになりました!

Farcry Primalは一度クリアしてからおよそ4か月はプレイしていませんでしたが、再びプレイしてみると面白いですね。

今回は祈祷師が仲間になるまでプレイしました。


夜間の危険動物

日中は動物が襲い掛かってくることはあまりありませんでしたが、夜間になると積極的に襲い掛かってきます。
動物以外にも他の部族もいるので基本的に隠密プレイになります。
隠密プレイになるということは火をつけることができず、視界は悪いということなのです。
そんな時に待ち伏せをされていました!


怪しい人

マップに記されていた場所に辿り着いたとたん、怪しく踊っている方がいました。
祈祷師さんです。
特定の条件を満たすと、例のマンモス・ミッションができます!


フクロウと仲良くなりました 空から偵察ができます

とりあえずはフクロウと仲良くなれと言われました。
フクロウは偵察に出したり、ハチの巣爆弾を落としたりできるようになります。
敵に襲い掛からせることもできます。
なかなか頼もしいのですよ。
イベントシーンの映像もなかなか綺麗でした。


オオカミが仲間になりました! フクロウは攻撃もできます

次はオオカミです。
オオカミを仲間にした後は実力が認められて祈祷師が村の仲間になってくれます。
といっても、一緒に戦ってくれるわけではありませんが。
すると関連クエストが解除になり、クリアすることでより大型の獣であるトラやライオン、ヒグマなどを仲間にすることができます。
仲間になった動物はいつでも呼び出すことができて一緒に行動してくれますし、時には敵と戦わせることができます。
中には背中に乗って移動手段にすることもできる動物もいます。
背中に乗ったまま川も渡れるのですが……。

今のところ、フクロウとオオカミが仲間になりました!
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
リンク